松屋フーズ(9887)の決算発表と業績の分析

2018年5月17日保有銘柄の業績分析

松屋フーズホールディングス(9887)の決算発表と業績分析

私が株主優待目的で保有している企業の一つに、松屋フーズホールディングス(9887)があります。このページでは、2019年通期決算発表内容に基づき、業績について分析しています。

なお、松屋フーズホールディングス(9887)株主優待や配当等の分析は以下のページで行っております。

業績の概要

証券コード: 9887
企業名: 松屋フーズホールディングス
業種: 小売業
株価: 3,270(データ確認日:2019/07/01)

短期業績推移として「直近の3か月業績」を見ると、前年同四半期に比べて増収増益傾向となっています
中期業績推移として「直近の3か月業績」と「この3年の3か月業績の中央値」と比べてみると、売上高は増加が加速傾向にあると見ることができ、営業利益は増加が加速傾向にあるといえます
長期業績推移として「年平均成長率」を見てみると、売上高は増加が加速しており、利益は減少していますので、ライフサイクルでいうと成熟期にあると言えます
*進捗率の計算に用いる予想業績は、原則として期初発表の値を用いています。増益減益は本業の値である営業利益を参照しています。企業の現在および将来を予測するには、有価証券報告書などを参考に、ファンダメンタルズの定性分析も行う必要があります。

業績データの詳細

「直近3か月業績」

直近3期分の「前年同四半期比」を見てみると、売上高の前々四半期は「+3.4%」、前四半期は「+7%」、今四半期は「+6.6%」となりました。また、営業利益の前々四半期は「-30.7%」、前四半期は「+1.7%」、今四半期は「+27.5%」となりました。

結論として、売上高は鈍化の可能性があるものの増加傾向となっています。また、営業利益は不安定ながら増加傾向となっています。

なお、今期3か月業績の売上高や利益についてのデータや計算値は以下のとおりです。

売上高 [百万円]: 24,950
前年同四半期比 [%]: + 6.6
四半期累計 [百万円]: 98,158
進捗率 [%]: 100.0
予想値との差 [百万円]: 0

営業利益 [百万円]: 868
前年同四半期比 [%]: + 27.5
四半期累計 [百万円]: 3,884
進捗率 [%]: 100.0
予想値との差 [百万円]: 0
営業利益率 [%]: 3.5
前年同四半期差 [%]: + 0.6
四半期累計営業利益率 [%]: 4.0

経常利益 [百万円]: 1,034
前年同四半期比 [%]: + 24.6
四半期累計 [百万円]: 4,182
進捗率 [%]: 100.0
予想値との差 [百万円]: 0
経常利益率 [%]: 4.1
前年同四半期差 [%]: + 0.6
四半期累計経常利益率 [%]: 4.3

当期純利益 [百万円]: 314
前年同四半期比 [%]: – 11.5
四半期累計 [百万円]: 2,197
進捗率 [%]: 100.0
予想値との差 [百万円]: 0
当期純利益率 [%]: 1.3
前年同四半期差 [%]: – 0.3
四半期累計当期純利益率 [%]: 2.2

EPS [円]: 17
前年同四半期比 [%]: – 11.3
四半期累計 [百万円]: 115
進捗率 [%]: 100.1
予想値との差 [百万円]: 0
*EPSは当期純利益だけではなく発行株式数によっても変化するため、株式分割や株式併合によって大きく変化することがあります。

「直近3か月」と「過去」の前年同四半期比の比較


売上高: 過去12期分の前年同四半期比の平均値は「+5.4%」、中央値は「+5.6%」です。これに対し、直近3か月の前年同四半期比は「+6.6%」となり、増加が加速傾向にあるといえます
営業利益: 過去12期分の前年同四半期比の平均値は「+26.2%」、中央値は「-2%」です。これに対し、直近3か月の前年同四半期比は「+27.5%」となり、増加が加速傾向にあるといえます
経常利益: 過去12期分の前年同四半期比の平均値は「+26.2%」、中央値は「+3.5%」です。これに対し、直近3か月の前年同四半期比は「+24.6%」となり、増加が加速傾向にあるといえます
当期純利益: 過去12期分の前年同四半期比の平均値は「+81.1%」、中央値は「-2.2%」です。これに対し、直近3か月の前年同四半期比は「-11.5%」となり、減少が加速傾向にあるといえます
EPS: 過去12期分の前年同四半期比の平均値は「+79.2%」、中央値は「-2.2%」です。これに対し、直近3か月の前年同四半期比は「-11.3%」となり、減少が加速傾向にあるといえます
*「前年同四半期」の値がゼロに近い場合、「前年同四半期比」は極端に大きくなります。極端な値が含まれる場合は「平均値」に大きく影響を与えるため、全データの真ん中のデータである中央値を使うほうが適切です。また、「赤字の四半期」と「黒字化した四半期」は比の値が無く計算に含まれません(グラフにも表示されません)。そのため、データ数が少なくなる結果、赤字の期が多くても前年同四半期比がプラスの平均値または中央値となることがあります。なお、EPSは株式分割や株式併合により大きく変わることがあります。

業績推移と長期年平均成長率

「年平均成長率」を見てみると、売上高は2009年から2013年にかけて「+6.1%」、2013年から2017年にかけて「+3%」、2017年から2019年にかけて「+5%」となりました。また、営業利益は2009年から2013年にかけて「-5.2%」、2013年から2017年にかけて「+25.8%」、2017年から2019年にかけて「-10.3%」となりました。

結論として、売上高は鈍化の可能性があるものの増加傾向となっています。また、営業利益は増加傾向から減少傾向に転換しています。

なお、売上高・利益・利益率・EPSに関する、長期業績を示す年平均成長率[%]の計算値を以下の表にまとめています。

From 2009 2013 2017 2019
To 2013 2017 2019 2020(予)
売上高 +6.1 > +3.0 < +5.0 < +6.0
営業利益 -5.2 < +25.8 > -10.3 < +6.8
営業利益率 -10.7 < +22.2 > -14.6 < +0.8
経常利益 -4.8 < +26.9 > -9.1 < +4.0
経常利益率 -10.3 < +23.2 > -13.4 < -1.9
当期純利益 +1.0 < +38.5 > -12.0 < +0.1
当期純利益率 -4.8 < +34.5 > -16.2 < -5.5
EPS +1.0 < +38.6 > -12.1 < +0.4

*年の区切りは単純に期間が均等になるようにしています。成長率はFromとToの年の値から幾何平均で計算しているため、計算に使った値が前期や翌期と大きく異なる場合、グラフで確認できる年ごとの変化の傾向と乖離した数値となる場合があります。

なお、松屋フーズホールディングス(9887)株主優待や配当等の分析は以下のページで行っております。

最後までご覧いただきありがとうございました!お役に立てたと思っていただけたら、よろしければクリックしてくださると励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ



免責事項:企業が直接発表しているデータは、企業発表資料などのデータを引用しています。それ以外は自分で計算しているため、正確性については万全を期しておりますが、その正確性を保証するものではありません。投資は、投資している本人自身が100%の責任を負うものであり、当サイトの利用によって生じた一切の損害、損失、不利益等に対し、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。

合わせて読みたい記事

2018年5月17日保有銘柄の業績分析

Posted by Dr.ぱる