アークス(9948)の株主優待が到着しました!

2020年6月6日株主優待の到着

株主優待の概要

アークス(9948)の株主優待を紹介いたします。

アークスグループは北海道や東北地方のにスーパーマーケットを展開する企業です。グループ会社はほとんどがスーパーを営んでいます。

アークス(9948)
企業HPより引用、クリックで拡大します

その株主優待は、グループ商品券、全国共通ギフトカード、青森県産りんご、アップルジュースから選べます。東北地方ということもあり、リンゴジュースとりんごを選べるのが特徴的ですね。1,000株以上では、さらにカタログギフトも追加されます。

2月末日を基準日として、1単元100株以上の株式を保有することで株主優待をいただくことができます。もらえる株主優待の内容は保有株式数によって変わります。長期保有制度は導入されていないので、保有期間による違いはありません。

アークス(9948)
企業HPより引用、クリックで拡大します

株主優待の内容

  • アークスグループ商品券
  • VJAギフトカード
  • 青森県産りんご
  • アップルジュース

発送時期は、株主優待を選ぶはがきが5月に届きます。そして、4つの中から1つを選んでを返信します。りんごの場合が12月上旬発送、それ以外が7月中旬発送となっています。

以下は、株主優待を選ぶはがきに同封されていた案内です。

アークス(9948)の株主優待
クリックで拡大します

アークス(9948)の株主優待
クリックで拡大します

アークスグループ商品券は、グループ店舗にて利用でき、有効期限はなく、また、お釣りも出るのが特徴的です。グループ企業のスーパーは以下の通りとなっています。

  • ラルズ:総合小売店チェーン
  • ユニバース:食品スーパー
  • ベルジョイス:食品スーパー
  • 福原:食品スーパー・観光事業・旅行業
  • 道北アークス:食品スーパー
  • 東光ストア:食品スーパー
  • 道南ラルズ:食品スーパー
  • 道東アークス:食品スーパー

全国共通ギフトカードもグループ店舗で使うことができるようになっています。当然、有効期限はありませんが、一方でお釣りはでないことになっていますので注意が必要です。

2020年の到着

アークス(9948)
アークス(9948)の株主優待が、5月27日に到着しました!2名義、4,000円相当の株主優待の案内です。

りんごジュースの評価が高いようなので、ジュースとギフトカードにしようかなと考えています。

今回のアークス(9948)の株主優待はクロス取引(つなぎ売り)で取っています。約定株価は1,925円で、投資金額としては買建および売建代金がそれぞれ192,500円でした。この投資金額に対する優待利回りは0.95%となり、利回り的にはまずまず魅力的なクロス取引となりました。

次に、費用面から見てみます。手数料については買建手数料が0円で、売建手数料が0円かかりました。さらに、1日分の買建金利として9円が、保有日数28日分の売建金利として168円が発生しました。それぞれを合計して確定したクロス取引(つなぎ売り)費用は177円ということになります。

今回のクロス取引費用177円に対し、いただける株主優待価値は2,000円相当の見込みです。それぞれの差を取ることで、クロス取引による利益は1,823円と言うことができるかと思います。結果として、株主優待価値に対して、約1/5以下のコストで株主優待を取得したことになりますね。利益とコストのバランスとしては、きわめて魅力的なクロス取引と言えるのではないかと思っています。

証券コード:9948
企業名:アークス
買建合計費用[円]:9
売建合計費用[円]:168
合計費用[円]:177
株主優待価値[円]:2,000
利益[円]:1,823
優待利回り[%]:0.95

2019年の到着

写真を取り忘れましたが、アークス(9948)の株主優待が、5月に到着しています。1名義、2,000円相当の株主優待の案内です。

2019年はりんごジュースをいただきました。たくさん入っているので、子供も長く楽しむことができました。

今回のアークス(9948)の株主優待はクロス取引(つなぎ売り)で取っています。約定株価は2,546円で、投資金額としては買建および売建代金がそれぞれ254,600円でした。この投資金額に対する優待利回りは0.43%となり、利回り的には少々微妙なクロス取引となりました。

次に、費用面から見てみます。手数料については買建手数料が180円で、売建手数料が180円かかりました。さらに、1日分の買建金利として19円が、保有日数20日分の売建金利として489円が発生しました。それぞれを合計して確定したクロス取引(つなぎ売り)費用は896円ということになります。

今回のクロス取引費用896円に対し、いただける株主優待価値は2,000円相当の見込みです。それぞれの差を取ることで、クロス取引による利益は1,104円と言うことができるかと思います。結果として、株主優待価値に対して、1/2以上のコストで株主優待を取得したことになりますね。利益とコストのバランスとしては、少々微妙なクロス取引と言えるのではないかと思っています。

証券コード:9948
企業名:アークス
買建合計費用[円]:213
売建合計費用[円]:683
合計費用[円]:896
株主優待価値[円]:2,000
利益[円]:1,104
優待利回り[%]:0.43

株主優待の基礎情報

証券コード:9948
企業名:アークス
市場:東証1部
業種:小売業
企業ホームページ:
http://www.arcs-g.co.jp/ir/stock/treatment/
権利確定月: 2月末日
単元株数: 100株

詳細情報の記事リンク

アークス(9948)の株主優待や配当等の分析は以下のページで行っております。

その他の株主優待の到着記事は以下から閲覧することができます。

【コンテンツ紹介】
私が取得させていただいた株主優待について、到着した時の説明を記事にしています。それぞれ以下のリンクから確認することができますので、よろしければご覧ください。

同月の株主優待銘柄は以下のリンクから確認することができます。

クロス取引の説明は以下から確認することができます。

【コンテンツ紹介】
クロス取引(つなぎ売り)の方法や仕組みを以下のページで詳しく説明しています。食事券、クオカード、カタログギフトなどの株主優待を、リスクを最小限に抑えながらいただくことができます。
クロス取引(つなぎ売り)って何?メリットやリスクをわかりやすく解説します!

最後までご覧いただきありがとうございました!お役に立てたと思っていただけたら、よろしければクリックしてくださると励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

免責事項:企業が直接発表しているデータは、企業発表資料などのデータを引用しています。それ以外は自分で計算しているため、正確性については万全を期しておりますが、その正確性を保証するものではありません。投資は、投資している本人自身が100%の責任を負うものであり、当サイトの利用によって生じた一切の損害、損失、不利益等に対し、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。

合わせて読みたい記事

2020年6月6日株主優待の到着

Posted by ぱる