リゾートトラスト(4681)の株主優待が到着しました!

2020年6月17日株主優待の到着

株主優待の概要

リゾートトラスト(4681)の株主優待を紹介いたします。

リゾートトラストは、リゾートホテル・シティホテル、ゴルフ場、シニアレジデンスなどを展開している企業です。会員権事業を中心に、幅広い領域で事業を展開する総合リゾート企業グループとなっています。

その株主優待は、グループ施設で使える割引券です。リゾートトラストのIR担当が、株主優待の割引券利用率は高いとも発言している利用価値の高い株主優待となっています。

3月末日を基準日として、1単元100株以上の株式を保有することで株主優待をいただくことができます。もらえる株主優待の内容は保有株式数によって変わります。

保有株式数 株主優待の内容
100株以上 3割引券 1枚
1,000株以上 5割引券 1枚
2,000株以上 5割引券 2枚
4,000株以上 5割引券 3枚
6,000株以上 5割引券 4枚
10,000株以上 5割引券 5枚
20,000株以上 5割引券 10枚

また、長期保有制度が導入されており、保有期間によって株主優待の内容が変化します。1,000株以上を3年以上継続保有することで、5割引券が1枚追加となります。

保有株式数 株主優待の内容
1,000株以上を3年以上継続保有 5割引券 1枚追加

発送時期は、6月下旬から7月上旬の発送となっています。また、有効期限は、翌年7月10日までとなっています。

以下は、3割引券の裏面に記載の注意事項です。

リゾートトラスト(4681)の株主優待
クリックで拡大します

対象施設のレストランでは、割引券1枚で1グループ5名様(大人・子供含む)までの飲食料金が1回分割引されます。年齢に関係なく、幼児メニュー・ビュッフェ(幼児)などを注文すれば人数にカウントされるため、注意が必要です。なお、1グループ6名以上の場合は、一律、規定の割引率となります。対象施設は以下の通りとなっています。

  • ベイコート倶楽部
  • エクシブ
  • サンメンバーズホテル
  • ホテルトラスティ
  • エクセレントクラブ

ホテルトラスティで割引券を使う場合は、1枚で1泊5ルームまでの宿泊料金が割引され、1枚あたり25万円(消費税・サービス料除く)が上限となっています。つまり、割引金額の上限としては、5割引券1枚の場合が12万5千円、3割引券1枚の場合が7万5千円となりますね。なお、会員制ホテルの宿泊代金には利用できないため、注意が必要です。レストランで利用する場合は、必ず来店時にレストランスタッフへ渡すことになっています。

ちなみに、株主優待の割引券は、券面に金額表示のある優待券(他の割引券と併用できない旨の記載があるものを除く)等と併用できることになっていますが、券面に金額表示のない割引券とは併用することができません。また、婚礼や宿泊プラン、物品のご購入等にも利用できません。他にも一部対象外となっているものがあると注意事項にあるため、利用前の確認が無難と言えるかと思います。

2020年の到着

リゾートトラスト(4681)の株主優待
リゾートトラスト(4681)の株主優待が、6月27日に到着しました!1名義、3割引券が1枚です。

今回のリゾートトラスト(4681)の株主優待はクロス取引(つなぎ売り)で取っています。約定株価は1,440円で、投資金額としては買建および売建代金がそれぞれ144,000円でした。この投資金額に対する優待利回りは3.38%となり、利回り的にはきわめて魅力的なクロス取引となりました。

次に、費用面から見てみます。手数料については買建手数料が0円で、売建手数料が0円かかりました。さらに、1日分の買建金利として7円が、保有日数31日分の売建金利として130円が発生しました。それぞれを合計して確定したクロス取引(つなぎ売り)費用は137円ということになります。

今回のクロス取引費用137円に対し、いただける株主優待価値は5,000円相当の見込みです。それぞれの差を取ることで、クロス取引による利益は4,863円と言うことができるかと思います。結果として、株主優待価値に対して、約1/5以下のコストで株主優待を取得したことになりますね。利益とコストのバランスとしては、きわめて魅力的なクロス取引と言えるのではないかと思っています。

証券コード:4681
企業名:リゾートトラスト
買建合計費用[円]:7
売建合計費用[円]:130
合計費用[円]:137
株主優待価値[円]:5,000
利益[円]:4,863
優待利回り[%]:3.38

2019年の到着

リゾートトラスト(4681)の株主優待
リゾートトラスト(4681)の株主優待が、7月に到着しました!1名義、3割引券が1枚です。

今回のリゾートトラスト(4681)の株主優待はクロス取引(つなぎ売り)で取っています。約定株価は1,513円で、投資金額としては買建および売建代金がそれぞれ151,300円でした。この投資金額に対する優待利回りは1.79%となり、利回り的には魅力的なクロス取引となりました。

次に、費用面から見てみます。手数料については買建手数料が100円で、売建手数料が0円かかりました。さらに、1日分の買建金利として0円が、保有日数9日分の売建金利として177円が発生しました。それぞれを合計して確定したクロス取引(つなぎ売り)費用は285円ということになります。

今回のクロス取引費用285円に対し、いただける株主優待価値は3,000円相当の見込みです。それぞれの差を取ることで、クロス取引による利益は2,715円と言うことができるかと思います。結果として、株主優待価値に対して、約1/5以下のコストで株主優待を取得したことになりますね。利益とコストのバランスとしては、きわめて魅力的なクロス取引と言えるのではないかと思っています。

証券コード:4681
企業名:リゾートトラスト
買建合計費用[円]:108
売建合計費用[円]:177
合計費用[円]:285
株主優待価値[円]:3,000
利益[円]:2,715
優待利回り[%]:1.79

株主優待の基礎情報

証券コード:4681
企業名:リゾートトラスト
市場:東証1部
業種:サービス業
企業ホームページ:
https://www.resorttrust.co.jp/ir/stock/benefit/
権利確定日: 3月末日
単元株数: 100株

詳細情報の記事リンク

リゾートトラスト(4681)の株主優待や配当等の分析は以下のページで行っております。

その他の株主優待の到着記事は以下から閲覧することができます。

【コンテンツ紹介】
私が取得させていただいた株主優待について、到着した時の説明を記事にしています。それぞれ以下のリンクから確認することができますので、よろしければご覧ください。

同月の株主優待銘柄は以下のリンクから確認することができます。

クロス取引の説明は以下から確認することができます。

【コンテンツ紹介】
クロス取引(つなぎ売り)の方法や仕組みを以下のページで詳しく説明しています。食事券、クオカード、カタログギフトなどの株主優待を、リスクを最小限に抑えながらいただくことができます。
クロス取引(つなぎ売り)って何?メリットやリスクをわかりやすく解説します!

最後までご覧いただきありがとうございました!お役に立てたと思っていただけたら、よろしければクリックしてくださると励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

免責事項:企業が直接発表しているデータは、企業発表資料などのデータを引用しています。それ以外は自分で計算しているため、正確性については万全を期しておりますが、その正確性を保証するものではありません。投資は、投資している本人自身が100%の責任を負うものであり、当サイトの利用によって生じた一切の損害、損失、不利益等に対し、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。

合わせて読みたい記事

2020年6月17日株主優待の到着

Posted by ぱる