プレサンスコーポレーション(3254)の株主優待が到着しました!

2018年7月16日株主優待の到着

株主優待の概要

プレサンスコーポレーション(3254)の株主優待を紹介いたします。

プレサンスコーポレーションは、典型的な不動産会社で、新築マンションの分譲やマンション・土地の売買及び仲介、賃貸借・管理業務などを行っている企業です。

その株主優待は、VJAギフトカードです。VJAギフトカードはコンビニ、スーパー、ショッピングモール、百貨店など、全国の加盟店で使える共通商品券です。

3月末日を基準日として、400株以上の株式を保有することで株主優待をいただくことができます。もらえる株主優待の内容は保有株式数によらず一律となっています。1単元100株以上の株式ではもらえないので、注意が必要です。

保有株式数 株主優待の内容
400株以上 VJAギフトカード5,000円分(1,000円×5枚)

発送時期は、定時株主総会後の6月の発送となっています。

VJAギフトカードは、お釣りが出ないため気をつける必要がありますね。

2019年の到着

写真を取り忘れてしまいましたが、2019年にもプレサンスコーポレーション(3254)の株主優待をいただいています。2019年は株主優待が変更されてVJAギフトカードになりました。

今回のプレサンスコーポレーション(3254)の株主優待はクロス取引(つなぎ売り)で取っています。約定株価は1,367円で、投資金額としては買建および売建代金がそれぞれ136,700円でした。この投資金額に対する優待利回りは1.32%となり、利回り的には魅力的なクロス取引となりました。
次に、費用面から見てみます。手数料については買建手数料が0円で、売建手数料が0円かかりました。さらに、1日分の買建金利として7円が、保有日数12日分の売建金利として189円が発生しました。それぞれを合計して確定したクロス取引(つなぎ売り)費用は196円ということになります。
今回のクロス取引費用196円に対し、いただける株主優待価値は2,000円相当の見込みです。それぞれの差を取ることで、クロス取引による利益は1,804円と言うことができるかと思います。結果として、株主優待価値に対して、約1/5以下のコストで株主優待を取得したことになりますね。利益とコストのバランスとしては、きわめて魅力的なクロス取引と言えるのではないかと思っています。

証券コード:3254
企業名:プレサンスコーポレーション
買建合計費用[円]:7
売建合計費用[円]:189
合計費用[円]:196
株主優待価値[円]:2,000
利益[円]:1,804
優待利回り[%]:1.32

2018年の到着

プレサンスコーポレーション(3254)の株主優待
プレサンスコーポレーション(3254)の株主優待が6月25日に到着しました!2,000円分のVISAギフトカードです。

これまでは紙ベースのギフトカードのようでしたが、クレジットカードのようなカードベースVISAギフトカードを受け取りました。

同封されている利用方法を見てみると、クレジットカードと同様の使い方で、金額制限の2,000円まで使えるということでしたが、困ったことに現金と併用できない店舗があるという文面でした。これでは大変使い勝手が悪い上に、残額が残ってしまって無駄が発生してしまいます
。そこで、端数が出ないようにAmazonギフトカードを購入いたしました。
ということで、同じように困っている人も多いと思い調べてみたら、Amazonギフト券を購入すれば残額無しで使い切ることができるという情報を得ることができました。

さっそくAmazonギフト券を買おうとしましたが、通常はメールなどで誰かに受け取ってもらうための購入となるようで、自分のアカウントに追加する場合には「チャージ」を選べばよいようでした。

これは、購入手続きを進めている間に、誰にギフト券を送るか指定できるのですが、メールを選択して自分のアドレスに贈ろうとしたら、Amazon側でそのような案内が表示されたために気づくことになりました。

このあたり、Amazonのサイト構成は本当に素晴らしいと思いますね。ユーザーを不安にさせない調べさせないを追求していると感じます。

話がそれましたが、無事に2,000円分のチャージが完了し、カードは受け取って1時間後には廃棄可能な状態となりました。
今回のプレサンスコーポレーション(3254)の株主優待はクロス取引(つなぎ売り)で取っています。約定株価は1,586円で、投資金額としては買建および売建代金がそれぞれ158,613円でした。この投資金額に対する優待利回りは1.02%となり、利回り的には魅力的なクロス取引となりました。
次に、費用面から見てみます。手数料については買建手数料が105円で、売建手数料が135円かかりました。さらに、1日分の買建金利として0円が、保有日数6日分の売建金利として118円が発生しました。それぞれを合計して確定したクロス取引(つなぎ売り)費用は376円ということになります。
今回のクロス取引費用376円に対し、いただける株主優待価値は2,000円相当の見込みです。それぞれの差を取ることで、クロス取引による利益は1,624円と言うことができるかと思います。結果として、株主優待価値に対して、約1/4以下のコストで株主優待を取得したことになりますね。利益とコストのバランスとしては、かなり魅力的なクロス取引と言えるのではないかと思っています。

証券コード:3254
企業名:プレサンスコーポレーション
買建合計費用[円]:113
売建合計費用[円]:263
合計費用[円]:376
株主優待価値[円]:2,000
利益[円]:1,624
優待利回り[%]:1.02

株主優待の基礎情報

証券コード:3254
企業名:プレサンスコーポレーション
市場:東証1部
業種:不動産業
企業ホームページ:
https://www.pressance.co.jp/ir/dividend/
権利確定日: 3月末日
単元株数: 100株

詳細情報の記事リンク

プレサンスコーポレーション(3254)の株主優待や配当等の分析は以下のページで行っております。

その他の株主優待の到着記事は以下から閲覧することができます。

【コンテンツ紹介】
私が取得させていただいた株主優待について、到着した時の説明を記事にしています。それぞれ以下のリンクから確認することができますので、よろしければご覧ください。

同月の株主優待銘柄は以下のリンクから確認することができます。

クロス取引の説明は以下から確認することができます。

【コンテンツ紹介】
クロス取引(つなぎ売り)の方法や仕組みを以下のページで詳しく説明しています。食事券、クオカード、カタログギフトなどの株主優待を、リスクを最小限に抑えながらいただくことができます。
クロス取引(つなぎ売り)って何?メリットやリスクをわかりやすく解説します!

最後までご覧いただきありがとうございました!お役に立てたと思っていただけたら、よろしければクリックしてくださると励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

免責事項:企業が直接発表しているデータは、企業発表資料などのデータを引用しています。それ以外は自分で計算しているため、正確性については万全を期しておりますが、その正確性を保証するものではありません。投資は、投資している本人自身が100%の責任を負うものであり、当サイトの利用によって生じた一切の損害、損失、不利益等に対し、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。

合わせて読みたい記事

2018年7月16日株主優待の到着

Posted by Dr.ぱる