ゼンショーホールディングス(7550)の株主優待が到着しました!

2018年7月22日株主優待の到着

株主優待の概要

ゼンショーホールディングス(7550)の株主優待を紹介いたします。

ゼンショーは、牛丼チェーン「すき家」をはじめ、ハンバーグ、パスタ、和食、焼肉、回転寿司、うどん、ラーメン、コーヒーショップなど、幅広い業態で店舗を展開しています。ゼンショーの由来は、「全勝」、「善商」、「禅商」の3つをかけていて、志の高い企業であることがわかります。

その株主優待は、店舗で使える食事券です。

3月末日及び9月末日を基準日として、1単元100株以上の株式を保有することで株主優待をいただくことができます。もらえる株主優待の内容は保有株式数によって変わります

100株以上300株未満 1,000円分( 500円券×2枚 )
300株以上500株未満 3,000円分( 500円券×6枚 )
500株以上1,000株未満 6,000円分( 500円券×12枚 )
1,000株以上5,000株未満 12,000円分( 500円券×24枚 )
5,000株以上一律 30,000円分( 500円券×60枚 )

発送時期は、3月末日基準の分が6月の発送、9月末日基準の分が12月発送となっています。

有効期限は、3月末日基準の分が翌年6月30日まで、9月末日基準の分が翌年12月31日までとなっています。

株主優待券は、以下の店舗で使うことができます。

  • 牛丼チェーン「すき家」
  • スタンダードレストラン「ココス」
  • ファミリー焼肉レストラン「宝島」
  • メキシカンレストラン「エルトリート」
  • 焼肉・しゃぶしゃぶ「牛庵」
  • 焼肉倶楽部「いちばん」
  • 手ごねハンバーグ・サラダバー「ビッグボーイ」
  • 手ごねハンバーグ・サラダバー「ヴィクトリアステーション」
  • 自家製うどん「久兵衛屋」
  • 丼ぶりと京風うどん「なか卯」
  • 回転寿司「はま寿司」
  • パスタ専門店「ジョリーパスタ」
  • 和食レストラン「華屋与兵衛」

以下は、株主優待の裏面に記載の注意事項です。現金との交換ができないことや、お釣りが出ないことが記載されています。

ゼンショーホールディングス(7550)の株主優待

株主優待の案内として、食事券を返送することで交換できる商品の紹介もありました。

ゼンショーホールディングス(7550)の株主優待

この株主優待と一緒に同封されていた案内によれば、年会費1,000円を負担すればゼンショーサポーターズクラブに加入することができます加入することで、ゼンショー系列店舗で使えるクーポンが年に6回送られてきます。この支払いは株主優待で行なえますので、現金などの持ち出しの支払いは必要がありません。

この、ゼンショーサポーターズクラブは、「はま寿司」に関して言うと4皿分無料になるクーポンがもらえます。計算上は、年間で4枚(100円x4)が6回もらえる(合計2,400円)ため、はま寿司だけでも1,400円ほど得となりますね。我が家では2名義で加入しているので、2,000円の年間費支払いで2,800円ほど割引いただいています。

2020年の到着

ゼンショーホールディングス(7550)の株主優待
ゼンショーホールディングス(7550)の株主優待が6月30日に到着しました!2名義、15,000円分の食事券です。

2019年の到着1

写真を取り忘れてしまいましたが、2名義、12,000円分の食事券が6月に到着しています。すべて、はま寿司専用食事券としてありがたく使っています。

2019年の到着2

ゼンショーホールディングス(7550)の株主優待
ゼンショーホールディングス(7550)の株主優待が12月に到着しました!2名義、12,000円分の食事券です。

ゼンショーサポーターズクラブの1皿無料券と一緒に利用するようにしています。

2018年の到着

ゼンショーホールディングス(7550)の株主優待

ゼンショーホールディングス(7550)の株主優待が6月25日に到着しました!2名義12,000円分に、クロス分6,000円を上乗せして、合計18,000円分の食事券です。

ゼンショーホールディングス(7550)優待利回りは全く良くありませんが、家族みんなでお寿司好きなため、はま寿司でも利用できるのは大きく2名義で保有しています。今回は、初めてでどれくらい利用するかわからなかったため、少々のコストを負担して念の為クロスで上乗せすることにいたしました。

そういうわけで、今回のゼンショーホールディングス(7550)の株主優待は6,000円分をクロス取引(つなぎ売り)で取っています。株主優待価値6000円に対し、確定した合計費用は1500円でした。必要資金に対する優待利回りは0.37%となり、結果として、クロス取引による利益は4500円となりました。

証券コード:7550
企業名:ゼンショーホールディングス
買建合計費用[円]:471
売建合計費用[円]:1029
合計費用[円]:1500
理論費用[円]:1656
株主優待価値[円]:6000
利益[円]:4500
優待利回り[%]:0.37
備考:割引券

株主優待の利用

以下のページで、ゼンショーホールディングス(7550)の株主優待の利用例を紹介しております。



株主優待の基礎情報

証券コード:7550
企業名:ゼンショーホールディングス
市場:東証
業種:小売業
企業ホームページ:
http://www.zensho.co.jp/jp/ir/investor/complimentary.html
権利確定月: 3月末日・9月末日
単元株数: 100株

詳細情報の記事リンク

ゼンショーホールディングス(7550)の株主優待や配当および業績の推移の分析は以下のページで行っております。


【コンテンツ紹介】

その他の株主優待の到着記事は以下から閲覧することができます。

【コンテンツ紹介】
私が取得させていただいた株主優待について、到着した時の説明を記事にしています。それぞれ以下のリンクから確認することができますので、よろしければご覧ください。

同月の株主優待銘柄は以下のリンクから確認することができます。

クロス取引の説明は以下から確認することができます。

【コンテンツ紹介】
クロス取引(つなぎ売り)の方法や仕組みを以下のページで詳しく説明しています。食事券、クオカード、カタログギフトなどの株主優待を、リスクを最小限に抑えながらいただくことができます。
クロス取引(つなぎ売り)って何?メリットやリスクをわかりやすく解説します!

最後までご覧いただきありがとうございました!お役に立てたと思っていただけたら、よろしければクリックしてくださると励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

免責事項:企業が直接発表しているデータは、企業発表資料などのデータを引用しています。それ以外は自分で計算しているため、正確性については万全を期しておりますが、その正確性を保証するものではありません。投資は、投資している本人自身が100%の責任を負うものであり、当サイトの利用によって生じた一切の損害、損失、不利益等に対し、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。

合わせて読みたい記事

2018年7月22日株主優待の到着

Posted by ぱる