西松屋チェーン(7545)の株主優待が到着しました!

2018年11月24日株主優待の到着

株主優待の概要

西松屋チェーン(7545)の株主優待を紹介いたします。

西松屋は、子どもをもつ家庭の日々の暮らしをより豊かなものにすることを目指し、ハイクオリティかつロープライスな商品を提供する子どもたちのための専門店チェーンを展開している企業です。

株主優待として、単元株である100株を保有することで優待金額をチャージしたプリペイドカードをもらえます。基準日は末日ではなく、2月20日と8月20日となっているため、注意が必要です。

全ての店舗で利用することができますが、通販では使うことができません。また、プリペイドですので、使い切りとなっており、再入金することはできなくなっています。

保有株式数 株主優待カード入金額
100株以上 1,000円分(年間2,000円)
500株以上 3,000円分(年間6,000円)
1,000株以上 5,000円分(年間10,000円)

長期保有制度も導入されていて、条件と内容が細かく分かれております。

保有株式数 追加分(年1回)
100株以上 500円分
500株以上 1,000円分
1,000株以上 3,000円分
3,000株以上 4,000円分
5,000株以上 5,000円分

2020年の到着1

西松屋チェーン(7545)
西松屋チェーン(7545)の株主優待が、5月14日に到着しました!5名義、13,000円相当のプリペイドカードです。

有効期限は同年の11月12日までとなっています。

今回の西松屋チェーン(7545)の株主優待はクロス取引(つなぎ売り)を追加しています。約定株価は961円で、投資金額としては買建および売建代金がそれぞれ864,900円でした。この投資金額に対する優待利回りは0.52%となり、利回り的にはまずまず魅力的なクロス取引となりました。

次に、費用面から見てみます。手数料については買建手数料が0円で、売建手数料が0円かかりました。さらに、1日分の買建金利として42円が、保有日数6日分の売建金利として462円が発生しました。それぞれを合計して確定したクロス取引(つなぎ売り)費用は504円ということになります。

今回のクロス取引費用504円に対し、いただける株主優待価値は5,000円相当の見込みです。それぞれの差を取ることで、クロス取引による利益は4,496円と言うことができるかと思います。結果として、株主優待価値に対して、約1/5以下のコストで株主優待を取得したことになりますね。利益とコストのバランスとしては、きわめて魅力的なクロス取引と言えるのではないかと思っています。

証券コード:7545
企業名:西松屋チェーン
買建合計費用[円]:42
売建合計費用[円]:462
合計費用[円]:504
株主優待価値[円]:5,000
利益[円]:4,496
優待利回り[%]:0.52

2019年の到着1

写真を取り忘れてしまいましたが、2月権利確定分で株主優待をいただいていて、クロス取引(つなぎ売り)で4,000円分の優待を上乗せしていただいています。

今回の西松屋チェーン(7545)の株主優待はクロス取引(つなぎ売り)で取っています。約定株価は892円で、投資金額としては買建および売建代金がそれぞれ802,800円でした。この投資金額に対する優待利回りは0.46%となり、利回り的には少々微妙なクロス取引となりました。
次に、費用面から見てみます。手数料については買建手数料が0円で、売建手数料が0円かかりました。さらに、1日分の買建金利として61円が、保有日数4日分の売建金利として257円が発生しました。それぞれを合計して確定したクロス取引(つなぎ売り)費用は318円ということになります。
今回のクロス取引費用318円に対し、いただける株主優待価値は4,000円相当の見込みです。それぞれの差を取ることで、クロス取引による利益は3,682円と言うことができるかと思います。結果として、株主優待価値に対して、約1/5以下のコストで株主優待を取得したことになりますね。利益とコストのバランスとしては、きわめて魅力的なクロス取引と言えるのではないかと思っています。

証券コード:7545
企業名:西松屋チェーン
買建合計費用[円]:61
売建合計費用[円]:257
合計費用[円]:318
株主優待価値[円]:4,000
利益[円]:3,682
優待利回り[%]:0.46

2019年の到着2

こちらも写真取り忘れです。。恒例のクロス上乗せを実施して、4,000円分上乗せしています。

今回の西松屋チェーン(7545)の株主優待はクロス取引(つなぎ売り)で取っています。約定株価は865円で、投資金額としては買建および売建代金がそれぞれ865,000円でした。この投資金額に対する優待利回りは0.48%となり、利回り的には少々微妙なクロス取引となりました。
次に、費用面から見てみます。手数料については買建手数料が0円で、売建手数料が0円かかりました。さらに、1日分の買建金利として45円が、保有日数11日分の売建金利として831円が発生しました。それぞれを合計して確定したクロス取引(つなぎ売り)費用は876円ということになります。
今回のクロス取引費用876円に対し、いただける株主優待価値は5,000円相当の見込みです。それぞれの差を取ることで、クロス取引による利益は4,124円と言うことができるかと思います。結果として、株主優待価値に対して、約1/4以下のコストで株主優待を取得したことになりますね。利益とコストのバランスとしては、かなり魅力的なクロス取引と言えるのではないかと思っています。

証券コード:7545
企業名:西松屋チェーン
買建合計費用[円]:45
売建合計費用[円]:831
合計費用[円]:876
株主優待価値[円]:5,000
利益[円]:4,124
優待利回り[%]:0.48

2018年の到着1

西松屋チェーン(7545)

先日、西松屋チェーン(7545)の株主優待が5月17日到着しました!

1,000円分と3,000円分の優待カードをいただきました。もともと家族2名義分で、1人100株ずつ保有していました。利回りとしてはたいしたことがありませんが、まだ子供が小さく度々利用するために保有することにしました。

さらにクロスで1名義分は200株を買いましたので、一方は3,000円分のカードを得ることができました。ただ、もともと利回りが高くない株主優待ですので、諸費用として963円かかっております。これによって2,000円分優待が上乗せでしたので、利益としては1,037円です。

西松屋を使うことがわかっているので、これは半額券のようなものですので取引としては悪くなかったと思っています。しかしながら、優待があるから西松屋を使おうという状況だったら、不要なものを買ってしまっていたかもしれず、利益率を考えると良い取引ではなかったかもしれません。クロスはまだまだ経験が浅いので、気をつけたいと思います。

なお、現物保有はシステムトレードを行っている口座をそのまま使っているので、クロス取引で使っている証券会社は異なっています。事前に調べて問題ないとはわかっていましたが、別証券会社のクロス取引による株主優待必要株数達成は、今回の結果で、確かに問題ないことがわかりました。参考になれば幸いです。

今回の西松屋チェーン(7545)の株主優待はクロス取引(つなぎ売り)で取っています。約定株価は1,282円で、投資金額としては買建および売建代金がそれぞれ512,800円でした。この投資金額に対する優待利回りは0.2%となり、利回り的には少々微妙なクロス取引となりました。
次に、費用面から見てみます。手数料については買建手数料が350円で、売建手数料が350円かかりました。さらに、1日分の買建金利として39円が、保有日数2日分の売建金利として164円が発生しました。それぞれを合計して確定したクロス取引(つなぎ売り)費用は959円ということになります。
今回のクロス取引費用959円に対し、いただける株主優待価値は2,000円相当の見込みです。それぞれの差を取ることで、クロス取引による利益は1,041円と言うことができるかと思います。結果として、株主優待価値に対して、1/2以上のコストで株主優待を取得したことになりますね。利益とコストのバランスとしては、少々微妙なクロス取引と言えるのではないかと思っています。

証券コード:7545
企業名:西松屋チェーン
買建合計費用[円]:417
売建合計費用[円]:542
合計費用[円]:959
株主優待価値[円]:2,000
利益[円]:1,041
優待利回り[%]:0.2

2018年の到着2

西松屋チェーン(7545)の株主優待
西松屋チェーン(7545)の株主優待

西松屋チェーン(7545)の株主優待が到着しました!

今回は、1,000円分と5,000円分の優待カードをいただきました。

家族2名義分で100株ずつ保有していますが、前回同様にそのうち1名義分でクロス取引(つなぎ売り)で保有株数を増加させました。差額の株主優待価値4000円に対し、確定した合計費用は1625円でした。必要資金に対する優待利回りは0.22%となり、結果として、クロス取引による利益は2375円となりました。

証券コード:7545
企業名:西松屋チェーン
買建合計費用[円]:546
売建合計費用[円]:1079
合計費用[円]:1625
理論費用[円]:1813
株主優待価値[円]:4000
利益[円]:2375
優待利回り[%]:0.22

最近子供が生まれ、西松屋を使うことが明らかですので、前回は400株分のクロスでしたが、今回は900株クロスしています。合計6,000円となると西松屋だといろいろ買えますのでとても助かりますね。

株主優待の利用

以下のページで、利用例を紹介しております。


株主優待の基礎情報

証券コード:7545
企業名:西松屋チェーン
市場:東証
業種:小売業
企業ホームページ:
https://www.24028.jp/ir/stock_holder
権利確定月: 2月20日・8月20日
単元株数: 100株

詳細情報の記事リンク

西松屋チェーン(7545)の株主優待や配当等の分析、および、業績の分析は以下のページで行っております。


その他の株主優待の到着記事は以下から閲覧することができます。

【コンテンツ紹介】
私が取得させていただいた株主優待について、到着した時の説明を記事にしています。それぞれ以下のリンクから確認することができますので、よろしければご覧ください。

同月の株主優待銘柄は以下のリンクから確認することができます。

クロス取引の説明は以下から確認することができます。

【コンテンツ紹介】
クロス取引(つなぎ売り)の方法や仕組みを以下のページで詳しく説明しています。食事券、クオカード、カタログギフトなどの株主優待を、リスクを最小限に抑えながらいただくことができます。
クロス取引(つなぎ売り)って何?メリットやリスクをわかりやすく解説します!

最後までご覧いただきありがとうございました!お役に立てたと思っていただけたら、よろしければクリックしてくださると励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

免責事項:企業が直接発表しているデータは、企業発表資料などのデータを引用しています。それ以外は自分で計算しているため、正確性については万全を期しておりますが、その正確性を保証するものではありません。投資は、投資している本人自身が100%の責任を負うものであり、当サイトの利用によって生じた一切の損害、損失、不利益等に対し、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。

合わせて読みたい記事

2018年11月24日株主優待の到着

Posted by ぱる