ヒューリック(3003)の株主優待が到着しました!

2019年3月31日株主優待の到着

株主優待の概要

ヒューリック(3003)の株主優待を紹介いたします。

ヒューリック(3003)は不動産事業を営んでおり、オフィスビル賃貸を主力として手がけている企業ですね。

その株主優待はグルメカタログで、約200ページにもなる飲料食品のみのカタログの中から選ぶことができます。

12月末日を基準日として、300株以上の株式を保有することで株主優待をいただくことができます。単元株である100株では株主優待をもらえないので注意が必要です。もらえる株主優待の内容は保有株式数によって変わります。また、長期保有制度が導入されており、保有期間によっても株主優待の内容が変化します。

保有株数 保有年数 優待内容
300株以上 3年未満
3,000円相当のグルメカタログギフトから好きな商品を1点
3年以上
3,000円相当のグルメカタログギフトから好きな商品を2点

保有期間3年未満ですとカタログから1品選択となっていますが、保有期間が3年以上となるとカタログから2品選択できるようになります。

発送時期は、2月下旬から3月上旬の発送となっています。

大量の掲載ページ数ですので、お肉や魚、和菓子や洋菓子、ジュースやお酒などの飲み物、お米、レトルト食品など、さすがの品揃えとなっています。

申込みはインターネット、FAX、郵便ハガキを使って行いますが、インターネットが手軽で便利です。私もインターネットで申し込むようにしています。

2020年の到着

ヒューリック(3003)

ヒューリック(3003)の株主優待が、3月3日に到着しました!2名義、6,000円分のグルメカタログギフトです。グルメカタログなので、分厚い冊子に大量の飲料食品が掲載されています。

ヒューリック(3003)

そして、カタログから申し込んだどらやきが、3月15日に到着しました。

カタログで見る限り、とても美味しそうでしたが、実物は一つ一つが大きく、より美味しそうに見えました。

ただ、消費期限が到着して3日しかなく、また、カロリーが1つ約250kcalもあるというのは盲点でした。

一つが大きいので、1度に2つ食べるのは難しいし、カロリー的にも流石に気になるレベルです。結局、期限を過ぎたものも食べることになり、美味しけれど、少々苦行となる食べ方となってしまいました。

今回のヒューリック(3003)の株主優待はクロス取引(つなぎ売り)で取っています。約定株価は1,300円で、投資金額としては買建および売建代金がそれぞれ390,000円でした。この投資金額に対する優待利回りは0.7%となり、利回り的にはまずまず魅力的なクロス取引となりました。次に、費用面から見てみます。手数料については買建手数料が0円で、売建手数料が0円かかりました。さらに、1日分の買建金利として20円が、保有日数14日分の売建金利として246円が発生しました。それぞれを合計して確定したクロス取引(つなぎ売り)費用は266円ということになります。

今回のクロス取引費用266円に対し、いただける株主優待価値は3,000円相当の見込みです。それぞれの差を取ることで、クロス取引による利益は2,734円と言うことができるかと思います。結果として、株主優待価値に対して、約1/5以下のコストで株主優待を取得したことになりますね。利益とコストのバランスとしては、きわめて魅力的なクロス取引と言えるのではないかと思っています。

証券コード:3003
企業名:ヒューリック
買建合計費用[円]:20
売建合計費用[円]:246
合計費用[円]:266
株主優待価値[円]:3,000
利益[円]:2,734
優待利回り[%]:0.7
備考:グルメカタログギフト:3000

2019年の到着

ヒューリック(3003)の株主優待が、2月27日に到着しました!2名義、6,000円分のグルメカタログギフトです。3年以上の保有であれば、1名義でも3,000円相当のグルメカタログギフトから好きな商品2点で合計6,000円分となります。今回はクロス取引でしたので、もちろん長期認定はされません。

かなり分厚いカタログギフトですが、その掲載商品の全てが食品などのグルメ商品となっています。そのため、一般的なカタログギフトのなかの商品構成よりもとても充実した構成となっています。なお、カタログギフトの提供元は「リンベル カタログギフト」でした。

https://www.ringbell.co.jp/

今回は「山梨県産の桃」と、「デメル ザッハトルテ」にしました。

ザッハトルテはメーカーのサイトを見ると、¥2,160(税込)となっています。カタログギフト系は中間マージンがあるので、「3,000円相当分」といっても額面通りの価値がないのは仕方ないですね。マイナスな点は忘れて、純粋にいただける商品を楽しもうと思います。

今回のヒューリック(3003)の株主優待はクロス取引(つなぎ売り)で取っています。株主優待価値3,000円に対し、確定した合計費用は709円でした。必要資金に対する優待利回りは0.74%となり、結果として、クロス取引による利益は2,291円となりました。

株主優待の基礎情報

証券コード:3003
企業名:ヒューリック
市場:東証1部
業種:不動産業
企業ホームページ:
https://www.hulic.co.jp/ir/stock/compliments.html

権利確定月: 12月末日
単元株数: 100株

詳細情報の記事リンク

ヒューリック(3003)の株主優待や配当等の分析は以下のページで行っております。

その他の株主優待の到着記事は以下から閲覧することができます。

【コンテンツ紹介】
私が取得させていただいた株主優待について、到着した時の説明を記事にしています。それぞれ以下のリンクから確認することができますので、よろしければご覧ください。

同月の株主優待銘柄は以下のリンクから確認することができます。

クロス取引の説明は以下から確認することができます。

【コンテンツ紹介】
クロス取引(つなぎ売り)の方法や仕組みを以下のページで詳しく説明しています。食事券、クオカード、カタログギフトなどの株主優待を、リスクを最小限に抑えながらいただくことができます。
クロス取引(つなぎ売り)って何?メリットやリスクをわかりやすく解説します!

最後までご覧いただきありがとうございました!お役に立てたと思っていただけたら、よろしければクリックしてくださると励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

免責事項:企業が直接発表しているデータは、企業発表資料などのデータを引用しています。それ以外は自分で計算しているため、正確性については万全を期しておりますが、その正確性を保証するものではありません。投資は、投資している本人自身が100%の責任を負うものであり、当サイトの利用によって生じた一切の損害、損失、不利益等に対し、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。

合わせて読みたい記事

2019年3月31日株主優待の到着

Posted by ぱる