リログループ(8876)の株主優待が到着しました!

2018年7月2日株主優待の到着

株主優待の概要

リログループ(8876)の株主優待を紹介いたします。

リログループは借上社宅・賃貸管理・福利厚生・赴任支援・海外・観光を事業内容とし、一般向けとしては特に福利厚生のアウトソーシング事業で有名な企業です。全世界で、企業とその従業員の移動にともなう全ての問題を解決できる、世界最大のグループをつくることをビジョンとしています。

株主優待の「リログループ株主優待 Club Off」では、や、国内数万箇所の宿泊施設チェーン店やホテルレストランなどの飲食店の割引を含む数十万にのぼるメニューを利用することができます。

3月を基準日として、単元株である100株を保有することで株主優待の権利を得ることができます。

スタンダード会員 100株以上1000株未満 一般価格よりお得な優待価格でサービスを利用可能
VIP会員 1000株以上 スタンダード会員価格よりさらにお得な価格で利用可能

保有株式数に応じて会員スタイルは2つあり、VIP会員ではスタンダード会員価格よりさらに割引価格で宿泊施設などを利用できることになっています。

従来、3年間継続保有した場合は1万円相当の宿泊補助券を3年ごとにもらうことができましたが、2020年3月31日の基準日の長期保有特典を最後に廃止されてしまいました

株主優待の利用期間は約1年となっており、期限は翌年の5月31日までとなっています。

2018年の到着

リログループ(8876)
リログループ(8876)の株主優待が到着しました!株主優待Club Offという福利厚生サービスの1年間利用権です。

ベネフィット・ワン(2412)が提供する福利厚生サービスであるベネフィット・ステーションを、勤め先の福利厚生サービスとして使っています。ベネフィット・ワン(2412)の株主優待については、以下から閲覧できます。


リログループの福利厚生サービスはベネフィット・ワンの競合ですので、どんな福利厚生サービスを提供しているのかが気になっていました。ベネフィット・ステーションは会員でなくてもメニューを閲覧できますが、リロクラブは会員でないとメニューの確認ができません。そこで、株式を保有して会員権を獲得してメニューを見るという面倒な方法を取ることにしました。

余談ではありますが、新規会員獲得のためのマーケティング的には、会員でなくてもメニューを見れるベネフィット・ワンの方が上手な気がしますね。わざわざ資料請求しなければ確認できないというのは、ひと手間かかりますので。そして、この一手間は非常に大きい一手間です。

ともかく、これでリロクラブの福利厚生サービスの内容を確認できますので、近い内に会員登録して中身を見て、ベネフィット・ステーションと比較してみたいと思います。マーケティング手法から感じる自信、勢い、噂ばなしなどから中身もベネフィット・ステーションの方が良さそうな印象を持っていますが、リロクラブのサービスの利用価値がなかったとしても、基本的に調べるのが好きなので、今回の株主優待はとても楽しみにしていました。

リログループ(8876)の株主優待
そして、リログループ(8876)のガイドブックが6月18日に到着しました!

競合サービスと言えるベネフィット・ワン(2412)の福利厚生サービスであるベネフィット・ステーションではガイドブックがありませんので、一覧性があるのはとても助かります。

・・・助かるのですが、どうもサービス内容がベネフィット・ステーションに比べて少ないように感じます。使えそうなサービスがあっても、ベネフィット・ステーションにもあるサービスだったりします。

ざっと見ただけですのでまだ結論付けるには早いかもしれませんが、ベネフィット・ステーションの会員権を持っていれば、リロクラブは必要ないような気がしています。

ちょっと調べてみたのですが、ベネフィット・ステーションの方が会員数は多く企業数は少ないということですので、主に大企業が契約していると推測できます。

ベネフィット・ワン(2412)とリログループ(8876)のサービス会員数
引用:https://imitsu.jp/matome/welfare/8606241158649060

大企業ほど社員から質の高い福利厚生を求められるでしょうし、外注する際の目も確かと思われます。大企業の契約が多いという事実を作れば、次の顧客獲得の宣伝にもなりますし、利益も増やせるのでさらにサービスの質を高めることに投資できるということで、良好な循環を創り出すことができます。

ネットワーク効果(ユーザーが増えると価値が高まること)もありますので、これはリロクラブがベネフィット・ワンにサービスで追いつくのは厳しいような印象です。興味本位で現物保有した銘柄ですが、含み益があるうちに売却しようと考え始めています。

株主優待の基礎情報

証券コード:8876
企業名:リログループ
市場:東証
業種:サービス業
企業ホームページ:
https://www.relo.jp/ir/club_off.html
権利確定月: 3月末日
単元株数: 100株

詳細情報の記事リンク

リログループ(8876)の株主優待や配当等の分析は以下のページで行っております。

その他の株主優待の到着記事は以下から閲覧することができます。

【コンテンツ紹介】
私が取得させていただいた株主優待について、到着した時の説明を記事にしています。それぞれ以下のリンクから確認することができますので、よろしければご覧ください。

同月の株主優待銘柄は以下のリンクから確認することができます。

クロス取引の説明は以下から確認することができます。

【コンテンツ紹介】
クロス取引(つなぎ売り)の方法や仕組みを以下のページで詳しく説明しています。食事券、クオカード、カタログギフトなどの株主優待を、リスクを最小限に抑えながらいただくことができます。
クロス取引(つなぎ売り)って何?メリットやリスクをわかりやすく解説します!

最後までご覧いただきありがとうございました!お役に立てたと思っていただけたら、よろしければクリックしてくださると励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

免責事項:企業が直接発表しているデータは、企業発表資料などのデータを引用しています。それ以外は自分で計算しているため、正確性については万全を期しておりますが、その正確性を保証するものではありません。投資は、投資している本人自身が100%の責任を負うものであり、当サイトの利用によって生じた一切の損害、損失、不利益等に対し、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。

合わせて読みたい記事

2018年7月2日株主優待の到着

Posted by Dr.ぱる