2月、8月株主優待:東宝(9602)

2018年8月28日2月の株主優待, 8月の株主優待, 割引券, 娯楽

東宝(9602)の株主優待
東宝(9602)の株主優待

2月、8月の株主優待、東宝(9602)を紹介します。

株主優待の概要

東宝(9602)は、映画の企画・製作・配給および演劇の企画・制作・興行を行っている企業です。いつも「何かを 企(くわだ)てて画(え)にする」=「企画」する会社であり続けることを目指しています。

株主優待として、2月末日・8月末日に株式を保有することで、映画の割引券および招待シートをもらうことができます。

東宝の株価4,500円です。株主優待条件として優待獲得に必要な最小保有数1,000株以上となっておりますので、最低限必要となる資金4,500,000円となります。この必要資金と優待の最も有利な条件である1,000株以上保有の時の優待利回り約0.4%となります。

1株あたりの配当35円ですので、配当利回り0.8%となります。したがって、優待利回りと配当利回りを足し合わせた総合利回り1.18%となります。

私の優待利回りと配当利回りの高低の判断基準は1~2%、総合利回りの高低の判断基準は2~4%はとしております。その基準で考えると、優待利回りは0.4%と低い水準で、配当利回りは0.8%と低い水準だと思います。総合利回りで考えると1.2%と低い水準ということができるかなと思います。

株主優待の情報

基本情報

証券コード:9602
企業名:東宝
市場:東証1部
業種:情報・通信
企業ホームページ:
https://www.toho.co.jp/company/ir/shareholders_treat.html

権利確定月: 2月末日・8月末日
単元株数: 100株
Yahooファイナンスのアドレス:
https://info.finance.yahoo.co.jp/stockholder/detail/?code=9602
株価: 4,500(8/17)

株主優待と獲得条件

(1) 株主映画ご招待券(6ヶ月)(1枚9,000円として計算)

①株主カード(ご本人カード)②株主カード(ファミリーカード)③株主映画招待券

株数 優待価値 必要資金[円] 優待利回り[%] 総合利回り[%]
1,000株以上 ①1枚、②0枚、③1シート 4,500,000 0.4 1.18
2,000株以上 ①1枚、②0枚、③2シート 9,000,000 0.2 0.98
3,000株以上 ①1枚、②0枚、③3シート 13,500,000 0.13 0.91
5,000株以上 ①1枚、②1枚、③6シート 22,500,000 0.08 0.86
10,000株以上 ①1枚、②2枚、③10シート 45,000,000 0.04 0.82
20,000株以上 ①1枚、②3枚、③15シート 90,000,000 0.02 0.8
30,000株以上 ①1枚、②3枚、③20シート 135,000,000 0.01 0.79
50,000株以上 ①1枚、②3枚、③25シート 225,000,000 0.01 0.79
100,000株以上 ①1枚、②3枚、③30シート 450,000,000 0 0.78

(2) 株主映画優待券(800円で鑑賞可能)

株数 優待価値 必要資金[円]
100株以上 半年2枚 450,000
500株以上 半年8枚 2,250,000

(3) 株主演劇招待券

株数 優待価値 必要資金[円]
10,000株以上 A席1枚 45,000,000
30,000株以上 A席2枚 135,000,000
50,000株以上 S席3枚 225,000,000

配当と配当利回り


1株配当[円](会社予想): 35.00(2020/02)
配当利回り[%] (会社予想): 0.78%(08/16)

最後までご覧いただきありがとうございました!お役に立てたと思っていただけたら、よろしければクリックしてくださると励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ



免責事項:企業が直接発表しているデータは、企業発表資料などのデータを引用しています。それ以外は自分で計算しているため、正確性については万全を期しておりますが、その正確性を保証するものではありません。投資は、投資している本人自身が100%の責任を負うものであり、当サイトの利用によって生じた一切の損害、損失、不利益等に対し、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。

合わせて読みたい記事

2018年8月28日2月の株主優待, 8月の株主優待, 割引券, 娯楽

Posted by ぱる