MORESCO(5018)の株主優待が到着しました!

株主優待の到着

株主優待の概要

MORESCO(5018)の株主優待を紹介いたします。

MORESCOは特殊潤滑油、合成潤滑油、素材、ホットメルト接着剤、エネルギーデバイス関連製品などの化学品の開発、製造、販売を事業としている企業です。製品群を見てみると、一般人にはちょっとよくわからない製品が並んでいます。実際には、独自の合成技術によりオンリーワンの合成潤滑油を生み出し、ニッチな分野で活躍して世界のトップシェア製品に成長しています。海外でもタイ、中国、北米、インドネシア、インドなどの地域で生産拠点や販売拠点を設けているグローバル企業です。本社が神戸市ということもあり、2020年までは株主優待が兵庫県の物産品となっていました。

その株主優待は、2021年分からクオカードです。

2月末日を基準日として、1単元100株以上の株式を保有することで株主優待をいただくことができます。2021年分からもらえる株主優待の内容は保有株式数によらず一律となっています。また、長期保有制度が導入されており、最低でも3年間の保有が必要となっていて、また、保有期間によっても株主優待の内容が変化します。

 保有株式数  株主優待の内容
 100株以上  QUOカード1000円分

これまでの経験から、到着時期は、2月末日基準の分が5月の到着となっています。

2019年、2020年と株主優待をいただきましたが、いずれもアンリ・シャルパンティエのお菓子で、家族みんなで楽しむことができました。2021年からは淡白なクオカードになってしまい、しかも3年継続保有が必要になってしまったことからクロス取得はほぼ不可能となってしまいました。

2020年の到着

MORESCO(5018)の株主優待が5月28日に到着しました!今年までとなってしまいましたが、兵庫県の物産品ということで、去年に続きアンリ・シャルパンティエのお菓子でした。

MORESCO(5018)
包装を剥がすと、上品な四角い箱が出てきました。

MORESCO(5018)
箱を開けてみると、今度は丸い箱です。ワクワクしながら開けてみます。

MORESCO(5018)
小さめの箱でしたが、中には美味しそうなお菓子がぎっしり詰まっていました。

MORESCO(5018)
一つずつ取り出して並べてみました。これで2,000円ということですのでなかなかの高級品です。妻と子供に総取りされないよう、うまく分けて食べたいと思います。

今回のMORESCO(5018)の株主優待はクロス取引(つなぎ売り)で取っています。約定株価は1,351円で、投資金額としては買建および売建代金がそれぞれ135,100円でした。この投資金額に対する優待利回りは1.35%となり、利回り的には魅力的なクロス取引となりました。

次に、費用面から見てみます。手数料については買建手数料が0円で、売建手数料が0円かかりました。さらに、1日分の買建金利として6円が、保有日数9日分の売建金利として173円が発生しました。それぞれを合計して確定したクロス取引(つなぎ売り)費用は179円ということになります。

今回のクロス取引費用179円に対し、いただける株主優待価値は2,000円相当の見込みです。それぞれの差を取ることで、クロス取引による利益は1,821円と言うことができるかと思います。結果として、株主優待価値に対して、約1/5以下のコストで株主優待を取得したことになりますね。利益とコストのバランスとしては、きわめて魅力的なクロス取引と言えるのではないかと思っています。

証券コード:5018
企業名:MORESCO
買建合計費用[円]:6
売建合計費用[円]:173
合計費用[円]:179
株主優待価値[円]:2,000
利益[円]:1,821
優待利回り[%]:1.35

2019年の到着

写真を取り忘れてしまいましたが、5月に到着しています。兵庫県の物産品ということですが、アンリ・シャルパンティエのお菓子でした。

今回のMORESCO(5018)の株主優待はクロス取引(つなぎ売り)で取っています。約定株価は1,613円で、投資金額としては買建および売建代金がそれぞれ161,313円でした。この投資金額に対する優待利回りは0.92%となり、利回り的にはまずまず魅力的なクロス取引となりました。

次に、費用面から見てみます。手数料については買建手数料が105円で、売建手数料が135円かかりました。さらに、1日分の買建金利として0円が、保有日数14日分の売建金利として258円が発生しました。それぞれを合計して確定したクロス取引(つなぎ売り)費用は516円ということになります。

今回のクロス取引費用516円に対し、いただける株主優待価値は2,000円相当の見込みです。それぞれの差を取ることで、クロス取引による利益は1,484円と言うことができるかと思います。結果として、株主優待価値に対して、約1/2以下のコストで株主優待を取得したことになりますね。利益とコストのバランスとしては、まずまず魅力的なクロス取引と言えるのではないかと思っています。

証券コード:5018
企業名:MORESCO
買建合計費用[円]:113
売建合計費用[円]:403
合計費用[円]:516
株主優待価値[円]:2,000
利益[円]:1,484
優待利回り[%]:0.92

詳細情報の記事リンク

MORESCO(5018)の株主優待や配当等の分析は以下のページで行っております。

その他の株主優待の到着記事は以下から閲覧することができます。

【コンテンツ紹介】
私が取得させていただいた株主優待について、到着した時の説明を記事にしています。それぞれ以下のリンクから確認することができますので、よろしければご覧ください。

同月の株主優待銘柄は以下のリンクから確認することができます。

クロス取引の説明は以下から確認することができます。

【コンテンツ紹介】
クロス取引(つなぎ売り)の方法や仕組みを以下のページで詳しく説明しています。食事券、クオカード、カタログギフトなどの株主優待を、リスクを最小限に抑えながらいただくことができます。
クロス取引(つなぎ売り)って何?メリットやリスクをわかりやすく解説します!

最後までご覧いただきありがとうございました!お役に立てたと思っていただけたら、よろしければクリックしてくださると励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

免責事項:企業が直接発表しているデータは、企業発表資料などのデータを引用しています。それ以外は自分で計算しているため、正確性については万全を期しておりますが、その正確性を保証するものではありません。投資は、投資している本人自身が100%の責任を負うものであり、当サイトの利用によって生じた一切の損害、損失、不利益等に対し、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。

合わせて読みたい記事

株主優待の到着

Posted by Dr.ぱる